博物館、美術館の骨董品、美術品の造形

知人からの画像提供です:牧山文彦(GLOCOM;国際大学 グローバル・コミュニケーション・センター 客員研究員、サイテクカレッジ那覇 専任講師)

IMG_3425

 

最近、全国各地の博物館などで、触れる骨董品、美術品の展示が行われるようになってきました。骨董品を3DスキャナやCTなどでスキャンし、3Dデータを印刷してレプリカを作成し展示、触っていただこうという企画です。

欧米ではさらに一歩進めてスキャンした3Dデータを無料で公開しているところがあります。その代表格がスミソニアン博物館です。まだ数は少ないのですが将来は全ての所蔵品1億3000万点のデータを公開するとのことです。

IMG_3427

 

 

IMG_0676

夢づくり沖縄 について

株式会社 夢づくり沖縄 代表取締役 2013年定年を機に3Dプリンタの機器販売&サポートを始めました。これまで国産のFDM気を中心に5種類の3Dプリンタを購入し検証してきました。多少のコンサル&サポートはお任せ下さい。 ( http://www.d-okiawa.jp ) (資格・肩書) ・経済産業省推奨資格 ITコーディネータ ・ITコーディネータ沖縄代表理事 ・沖縄県中小企業家同友会中部支部広報委員長
カテゴリー: 造形 タグ: , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中